DC5シフト抜け対策

DC5インテグラでタカタサーキットを走って下さっている方から
2速が抜けるという相談がありました。

作業員は、この部分に目をつけました

この重りが加重移動の際、振り子のようになり、

減速時にシフトワイヤーを引っ張る方向へ力が働き
ギヤが抜けるのではないか?と考えました。

お客さまの合意のもと
この部分のパーツを切断して取り外してみました。
(ちなみに、戻すのにはいくらくらいかかるのか部品代は事前に調べました。)
(ちなみに、切らずに外す場合、沢山の部品を外す必要があるので今回は切断しました)

その後、サーキットを走行された感想は、
『今日は2回しか抜けませんでした。ずいぶん良くなってます。』
との事。

何のためについているのかわからない
ほんとうに重りのようなパーツで、
これを取るとシフトフィーリングが安っぽくなるらしいのですが、
逆に、その方がダイレクトに情報が伝わってくるから
わかり易くて良いそうです。

時に、こんな斬新な事もやってみるのであります。