1 | 2 | 3 |ALL

サービス内容

足回りセッティングに自信あり!!


tts

タイヤ・ホイル・足廻りパーツなどの取り付けはもちろん、エンジン載せ替え、ミッションオーバーホール、コンピューターセッティングにも自信があります。

DYNAPACK 5000 シャーシーダイナモメーター 4WDモデル
dayna-thumb.jpg

4輪トータルアライメントテスター完備

コーナーウェイトゲージ
mrscw.jpg

故障診断機
gscan.jpg

高性能タイヤチェンジャー&バランサー

ブレーキローター研磨

TEIN マスターショップ
racing.gif
gravel.gif
tarmac.gif

HKS F-conV pro マスターショップ
powerwriter_banner.jpg

HKS パフォーマンスディーラー
pd_banner.jpg

PROショップにしか取り扱えないオイルがあります。
HKS PRO OIL SERIES販売店です
prooil.jpg


OS SUPERLOCK L.S.D テクニカルショップ
os.gif




●各カテゴリーの競技車両制作致します。
●オーバーフェンダー取り付けなどによる
  ワイドボディー化公認取得代行

●A/T→M/T載せ替え
  構造変更申請、公認取得代行


パーツ持込みの取り付けも歓迎いたします。
中古パーツの販売・紹介なども行っております。
(買取はしておりません)


DYNAPACK 5000 シャーシーダイナモメーター 4WDモデル

愛車のパワーを測ってみませんか?

●測定費用 2WD車両 ¥10,000~  
        4WD車両 ¥12,000~
●1000馬力まで測る事ができます。
●パワーチェックにかかる作業時間は、
 2WDの車両で30分程度(測定器へのセット時間含む)
 4WD車両で1時間程度です。
 ※エアロの装着等、車両の状況によって
 作業時間の延長や別途費用がかかる場合があります。
●要予約
●土・日の作業も可能です。

      
コンピューターセッティングに!!
エンジン・ミッションの慣らし運転に!!
極限まで性能を高められたレースエンジンは、高度なセッティングが要求されます。
ローラーとタイヤの間にスリップが発生しないダイナパックは、
急激な出力変化にもデーターが追従し、その性能はエンジンベンチにも匹敵します。
また水冷の負荷装置により、連続テストや耐久テストでも高い精度を維持することができます。


当店では、tcf(トラクションファクター)を1.0に設定しております。


DYNAPACK 5000 シャーシーダイナモメーターは、
ローラーではなくハブに直接測定機械をセットする為、
限りなく正確な数値が出ると言われているのですが、

この数値をローラータイプの数値に換算する項目が『tcf(トラクションファクター)』です。
この数値を1.2や1.3にすることで、ローラータイプで計測した数値に換算するということですが、
当店で計測した車輌に関しては、この数値を『1.0』にしてあり
実際にその車輌が出したパワーとトルクをそのままの数値で表してあります。


ホイルアライメント調整

HUNTERホークアイ
4輪トータルホイールアライメントテスター完備
ホイルアライメントの調整はどこのお店でやっても同じというわけではありません。


ホイールアライメント調整は
テスターで測定したデータに沿って調整するのはもちろんの事
車に合った調整が必要です。
その為、アライメントの影響による車の挙動変化を熟知した
プロフェッショナルの技が必要なのです。

タカタテクノサービスには、各カテゴリーで走行されたお客様のお話をもとに
車のアライメントをセッティングできるプロフェッショナルがいます。

『車がこうなったときこうなるからこうしたいのだけど』というお話を参考に
それぞれの車がお客様のお好みの動きに限りなく近づく様にセッティングいたします。

車高を下げられた際のホイルアライメント調整や、
事故車を修理した際、足廻りへのダメージの最終チェックなどを行う事ができます。

            2012年、国内でも珍しい最新機種
            HUNTER ホークアイを導入しました。




タイムアップに貢献!コーナーウェイト測定編

コーナーウェイト測定
車両の前後左右の重量バランスを測定
4輪にかかる過重差を測定し、調整する事によって
車の挙動を安定させる事が出来ます。

真っ直ぐ加速しない、フルブレーキングで左右にふらつくといった車の動きに
心当たりのある方にお勧めします。

続きを読む "タイムアップに貢献!コーナーウェイト測定編" »


故障診断機G-SCAN2導入 

次々と新しいクルマが発売されています。
新しい車種、次世代のクルマに合わせて故障診断機も新しいものへ。

G-SCAN2
導入しました。

ケースは樹脂製になりました。


HKSパフォーマンスディーラー

タカタテクノサービスは
HKS認定 パフォーマンスディーラーです。
performance_banner.jpg


PD店専用ページへJUMP

パフォーマンスディーラーとは↓
HKS商品でトータルチューニングを実現するための技術と設備を有したHKSがお勧めするプロショップです。


こんな作業を行っています。

ライトチューンからフルチューンまで


OS技研クロスミッション

刻印に、メーカーのこだわりを感じます。

RX-7 FC3S用
OS技研3速クロスギヤセット組込み&
LSD及びファイナル交換
個々の部品の納期が若干かかりましたが
良い仕上がりになったと思います。


Fcon V-proセッティング

岡山県からのエントリーです。
ある業者さんを通して入庫してきました。

証拠写真というわけでもありませんが
こんな感じでセッティングをしていますというのを
お客さんに見て頂きたくて写真を撮りました。

自分の車が、こんな機械にセットされてセッティングされているのを
見る機会はそんなにないのではないかという作業員の配慮のようです。



デッドニング

一般的にデッドニングとは、
ノイズの主な発生源である振動を吸収・遮断し、
カーオーディオシステム本来のサウンドを引き出す方法の事を言うようですが

今回は、車輌自体から走行時に発生する騒音(マフラー音やロードノイズ・振動)から
室内を遮り、快適な室内環境を作るために施工しました。

続きを読む "デッドニング" »


レッドチェック

過酷な状況で使用されるパーツについては
オーバーホールの際、再利用する前にレッドチェックというのを行います。

今回、撮影用にキャロルのハブを使用しています。

このチェックにより、次のトラブルを回避したり、
何が原因でトラブルが発生したか調べたりします。

白いパウダー状の中にちょびっと赤で線が入っていますね。
これが、目視(通常肉眼)では発見できない亀裂です。
このまま使用しているとハブが折れてしまうことになります。
ナックル取付け部(根元のあたり)も、怪しい線(亀裂)がでています。

続きを読む "レッドチェック" »


Snap-on スコープモニター

いっぱい書いたのに全部消えた時のショックといったら・・

今日シェイクダウンの012Vproパンダ

ぐずっているようです。

シリンダー内部やピストンにダメージがないか?
これまでならエンジンを車輌から降ろして分解しないとわからなかったのですが、
奮発して購入したSnap-onのスコープモニターを使えば
内視鏡での診察のようにエンジン内部が見えるのです!

プラグの穴から入れるのです。

んー、特に問題ないかな?
そして一番出してきたくない道具を出してきます・・

続きを読む "Snap-on スコープモニター" »


メンバー補強

JZX100/チェイサー
リヤメンバーの補強と強化ブッシュ取り付けです。

GPスポーツ  トラクションメンバーサポートKITを溶接取り付けします。

続きを読む "メンバー補強" »


故障診断機(旧)

2014年7月 この機種から新しい機種へ買い替えを行いました。

近年の車の進化について行くために、診断機も新しいものにしなければ、
車が発しているHELPサインを見逃してしまう事になります。
 

変だよ。しんどいよ。ここが壊れてるよ。
車が発する電子式な情報は全て、車を制御しているコンピューターの中に保存されています。
それを読み取り、ピンポイントで悪い箇所を発見する事ができるのが
故障診断機のすごい所。

これより前に導入していた故障診断機と比較すると
ゲームボーイ → DS
くらいの進化です。

自動車のメーターパネルは、車の情報掲示板。
オレンジ色や赤色のマークが点灯、点滅している時は
何らかのHELP信号です。

速やかに、
最新の故障診断機を導入した自動車修理工場へ。


○改(マルカイ)

先日検査協会に改造申請の書類を提出していましたら
車を持ちこんでもOKよー。の連絡をもらったので行ってまいりました。
車検と改造申請で公認車両のできあがりです。

もしみなさんが今後エンジンやミッションを他の車に流用して
公認を取ろうと考えることがありましたら、
部品取りとなる車両の車検証の情報(コピー)も必要だという事を覚えておいてください。
どこからか拾ってきたわけのわからない部品では、公認を取る事は難しい場合があります。

改造登録がたやすく出来ないのは、乗っている人の安全の為で、
その部品の強度や性能を証明しないと許可してもらえません。
それを証明する書類がたくさんいるので車検を諦める人も多いのですが
今回のお客さまにも本当に喜んでもらえて、
苦労もするけど、やっぱり【公認】っていいなぁと思いました。

それにしても、【改】ってかっこいいですね♪


4WDインプレッサFR化

この車両をFR化します。

続きを読む "4WDインプレッサFR化" »


日本一を造るV-proマイスター。

これがF-con Vproマイスターが造る車です。
この車両クラス日本一と言っても過言ではありません。


続きを読む "日本一を造るV-proマイスター。" »


エンジンオイル交換してますか?

車のエンジンオイルをこまめに交換しないと
こんなネバネバがくっついたり、ドロドロねちゃねちゃがエンジンの中に溜まります。


続きを読む "エンジンオイル交換してますか?" »


ビックスロットル

先日の無限エキマニに続き
TRY BOX】さんに加工依頼していたスロットルが返ってきました。

続きを読む "ビックスロットル" »


エキマニ交換です。

インテグラタイプR/DC5の入庫です。
ビックスロットル加工とエキマニ交換です。


続きを読む "エキマニ交換です。" »


汎用オイルクーラー取り付け

お客様紹介ページのインパルマーチ
スーパーチャージャーがついているのですが、

街乗りONLYで2年目にしてオーバーヒート。
ヘッドガスケット抜けしました。

続きを読む "汎用オイルクーラー取り付け" »


F-CON Meister

タカタテクノサービスには
コンピューターセッティングの匠
Fcon マイスターがいます。


DC5シフト抜け対策

DC5インテグラでタカタサーキットを走って下さっている方から
2速が抜けるという相談がありました。

作業員は、この部分に目をつけました

続きを読む "DC5シフト抜け対策" »


ジムニーにイーマネージ

ジムニー入庫です。

Fバンパーがちょこっとあるのがこだわり。

続きを読む "ジムニーにイーマネージ" »


HKS PRO OIL 取扱店

PROショップにしか取り扱えないオイルがあります。

HKS PRO OIL SERIES販売店です。


BNR34 RB26DETT Vcam SYSTEM

HKS RB26DETT Vcam SYSTEM step1 typeA

vcs-3.gif

BNR34 GTRに取付け中です。

続きを読む "BNR34 RB26DETT Vcam SYSTEM" »


スズキTwin☆ターボ化(HKS・Fcon-is&CAMP2)

タカタテクノサービス製ターボ化ツインには1号車と2号車があります。

1号車は後に他車のタービンを流用して付け、
インジェクターも全く別のものを流用し
Fcon-Vproへとステップアップしていきます。


続きを読む "スズキTwin☆ターボ化(HKS・Fcon-is&CAMP2)" »


F-CON isパワーライター店


(イエローは限定色・通常のアクリルパネルはブルーになります)

F-CON V-proに続き
F-CON is(アイエス)のパワーライター店契約を結びました。

F-CON isで可能となる主なセッティング内容は
ブーストアップ(ターボ車)、吸排気系変更(NA車)における燃料、点火時期の最適化
スピード・ブーストリミッターの解除等(一部A/T車を除く)です。
本体価格 ¥73,500~


ハイパーオートマチックフルード

ATFチェンジャーを導入しました。

当店が使用するATFは
ワコーズ
wakos_automatic_fluid.jpg
ハイパースペックATFです。

1リットル¥2,100-(税別)
少し高価ですが、ATFで燃費は変わります。

シフトショック緩和、熱ダレ感なし。
まさに体感できるATFです。


故障診断機導入


電子的に管理されている車のコンピューターは、
各箇所に接続されたセンサーを通じて車の状態を把握しています。
そのコンピューター情報を読み取り、不具合箇所を特定するものが故障診断機です。

DTC(ダイアグノーシス・トラブル・コード)をまず読み取って、
それに従い修理を行い試運転、DTCが消去されているかどうか確認する。
高度なダイアグノーシス(自己診断)プログラムを装備した現代車は
修理の基本がこの流れで進行します。

まずコードを読む、すべてはここから始まる為、
これからは更に必要性が高まり、また正確性も高まります。


 1 | 2 | 3 |ALL