次のページへ |  1 |2| 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |ALL | 前のページへ 登録数(980)

スバル



ハイゼットデッキバン

新しくなったハイゼットカーゴシリーズ
その中でも特装車としてラインナップされているのが
ハイゼットデッキバン

その名の通り、バンでもありデッキ(荷台)もついてるというもの。
4人乗れる、雨の日も荷物が濡れない、汚れ物はデッキへ投げ込む

なかなか良さそうです☆



マイナス11℃

今年の冬は一段と寒いです。
雪も、溶けたかと思えば降ってきます。
タカタサーキットはまたしばらくお休みです。



ミッションブロー

300馬力オーバーのインプレッサに使用されていたノーマルミッション
サーキット走行中、金属疲労によりついに破損。


HKS プレミアムデイin富士

HKSパフォーマンスディーラーF-CONマイスターの
タカタテクノサービス店長がHKS様より招待を受け、
静岡県にある富士スピードウェイまで行ってきました。

前日には、HKS45周年のお祝いや表彰式、懇親会が開かれ
沢山のグレートチューナーが集まって意見を交換し合いました。

レース用エンジン開発を始め、
業界初のターボチャージャーキットの発売から始まったHKSの歴史、
その先を読む目とこだわりのモノづくりが
HKSが今も尚、華やかな舞台で輝き続ける事ができる理由のような気がします。

なんと!今度HKSの代表取締役がタカタテクノサービスに来るって?!
こんな田舎に?!すごい☆嬉しいですね。
きっと、世界のT社長と同じく、自分が動く事で人にPOWERを与えられる事が
わかっておられるからなのでしょうね。

FSWのおみやげ。

サブレうまし!
タカタサーキットサブレ造ろうかしら


電気自動車充電スタンド

日産から新しいリーフが出ましたね。
ノートe-POWERを購入したあたりから電気自動車に興味はありましたが
この新しいリーフでますます電気自動車は普及していくだろうと思いました。

そうなると気になってくるのが、充電の問題

近くの充電スポットってどこにあったっけ?
そう考えた時に、身近に造りたいと考えました。
それは自分たちの為だけでなく、お客さんにも充電してもらえるような施設の事です。

そこでまた勉強です。
設置するのにどのくらいかかるかな?
会員に入ったら定額の充電料金で使えるらしい、充電し放題だそうです。
ではその電気代はどこから出るの?もらえるの?

そんな事を調べているうちに
充電する能力が違うのに時間で料金が決まる不公平な事や
充電量が足りない場合に当分その場所を占拠する事になりかねないという
課題ばかりが目に入ってきて
それがクリアされた時に始めるべきか、今のうちに始めるべきか
ますます考えさせられるのでした。


路面

1月24日の朝です。

予想していたより降りませんでしたが、気温はマイナス6℃で
圧雪になっています。
すぐ溶けそうですね。


公園のようなダートトライアル場

イベントのない日のテクニックステージタカタは
本当に美しくて穏やかで

そんな、テクニックステージタカタをお犬と歩きながら
公園みたいだなぁと思った事が何度もあります。
そしてその時は大抵「他の犬好きな人も呼べたら楽しいだろうなぁー」と思うのです。
しかし一般的なドッグランのように柵で囲まれたスペースはないし
残念な事に自分自身のコミュニケーション能力が低いので
妄想で終わっているのですが少し紹介したいと思います。

テクニックステージタカタのファミリー観戦スポット、芝生ゾーンは、
以前キャンピングカーの雑誌の撮影に使われた事もあるくらい
美しいグリーンをバックに写真が撮れます。
それを愛犬家にも利用して欲しいと思います。
(なかなか愛犬との写真は撮るのが難しいのでプロにお願いできれば◎)

犬だけの写真は沢山撮れます。

青い空や、自然体も

でも、一緒に写った写真を撮っておいた方が絶対にいいと思うのです。
ノーリードで遊び放題、写真撮り放題、深い雪の中も一緒に楽しめる
そんな使い方をしてもらっても良いと考えています。

そしてそんな公園みたいな場所で、モータースポーツが行われているって事も
知って頂けると尚嬉しいです。


写真提供 DOIりん

(テクニックステージタカタには、野生動物が沢山います。
鹿、うさぎ、キジ、キツネ、猪
それらが出没した時に、追いかけて行かないようにだけ注意が必要です)


シティ

少し手が空いた(事務員)ので色々勉強中。
(グーグルマップが意外と使えそうな事に気づく。)
展示している中古車を洗ったり宣伝したりすればいいのでしょうが、
寒いのでどうしても後回しになってしまいます。いけませんね。

とりあえず出てきた写真をUPしてみます。
シティ ジムカーナ仕様Dクラス車両
色々やっててすごいんです。カッコ良かったけどキャブは卒業しましたね。


水道のホースで作る

こおり

寒いです。雪です。
ノーマルタイヤの方は、今週のタカタ入りは難しいかもしれません。


エンジン始動

お正月休み
静まり返った工場に響く
工具を動かす金属音
BGMは演歌

パソコン苦手、スマホは使えるけど電話するだけでメールはできない
そんな時代の人間だからこそ

機械式にはめっぽう強い

これまで何台のエンジンを復活させてきただろうか
徹底的な分解、洗浄、時には溶接修理、部品の制作

その技術と知識も去ることながら、
「地道さ」
これがなければこの作業はできない

また一台息を吹き返した、
昭和のクルマ


次のページへ |  1 |2| 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |ALL | 前のページへ 登録数(980)