次のページへ |  1 | 2 |3| 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |ALL | 前のページへ 登録数(995)

無事開幕☆

2018年JAF中四国ラリー選手権 第1戦
 2018年JMRC中国・四国ラリーシリーズ第1戦
 TOYOTA GAZOO Racing Rally Challege 2018 Cup in 安芸高田 併催
 2018ラリーin安芸高田

おかげ様で沢山の方に集まって頂きました。

セレモニアルスタートの様子

沿道で応援する方に手を挙げて応える選手たち

夕日に輝く勝利の楯

開会式の後の恒例、集合写真

今回、テクニックステージタカタを知らない方にも沢山ご来場頂いたように見えました。
駐車場にずらりと並ぶ86たちもとても美しかったです。

カメラマンがぼそっと言っていました。「何だかラリーの写真を撮っている気がしない」
確かに。ラリー=林道というイメージでしょう。
参加された方の声も聞いてみたい所ですね。「こわい」が多かったかも?

もっとダートを走る所が観たい!と思われた方、
この次は是非ダートトライアラーのダートトライアルを観戦して頂きたいです。
4月8日(日)も、テクニックステージタカタへGO→観戦無料です。



2018ラリーin安芸高田

2018年3月25日(日)
安芸高田市高宮町原田の
テクニックステージタカタをSSの舞台に
2018ラリーin安芸高田が開催されます。

2018年JAF中四国ラリー選手権 第1戦
 2018年JMRC中国・四国ラリーシリーズ第1戦
 TOYOTA GAZOO Racing Rally Challege 2018 Cup in 安芸高田 併催
 2018ラリーin安芸高田

24日(土)から関係者が集まり、
一部の対象者には初心者講習などが行われています。

当日はダートトライアル場でのオートテストも併催され
にぎやかな一日になりそうです。

それを予兆するかのようにすごい来客が!



ラリーin安芸高田市高宮町

今週末は、テクニックステージタカタにて
ラリーレッスンが開催されます。

初級クラスは、ペースノート講習や同乗指導、走行講評、安全指導が受けられ
中/上級クラスはグラベル(テクニックステージタカタ)での練習走行、走行講評が受けられます。

そして、その翌週3月25日(日)には、実際のラリー競技が開催されます。
2018ラリーin安芸高田
TOYOTA GAZOO Racing Rally Challege 2018 in 安芸高田
(TOYOTA GAZOO Racing Rally Challege 公式ページへジャンプ)

テクニックステージタカタは現在、全日本戦前のような気合の入ったコース整備が行われています。
(写真は過去のものです)

(2016年に開催された時の様子)

ラリーストにも、楽しい!また来たい!と言って頂けるような
最高のコースになりますように。
少しずつ、輪が広がっています。


エアバッグのリコール対策は4月いっぱいまでに

冷静に考えると恐ろしい、エアバッグ異常破裂のリコールですが
まだまだ対策されていない方が多いようです。
そこで国土交通省が打ち出した告知がこちら↓↓

「エアバッグのリコール未改修(未実施)の場合
車検が通らなくなります!」


対策されていない方には、定期的に郵便物が届いていると思います
再度確認の上、一刻も早い改修をお願いします。

国産車につきましては、全車種対応させて頂きたいと思います。
まずは部品の手配(注文)からになります。ご相談ください。


スバル



ハイゼットデッキバン

新しくなったハイゼットカーゴシリーズ
その中でも特装車としてラインナップされているのが
ハイゼットデッキバン

その名の通り、バンでもありデッキ(荷台)もついてるというもの。
4人乗れる、雨の日も荷物が濡れない、汚れ物はデッキへ投げ込む

なかなか良さそうです☆



マイナス11℃

今年の冬は一段と寒いです。
雪も、溶けたかと思えば降ってきます。
タカタサーキットはまたしばらくお休みです。



ミッションブロー

300馬力オーバーのインプレッサに使用されていたノーマルミッション
サーキット走行中、金属疲労によりついに破損。


HKS プレミアムデイin富士

HKSパフォーマンスディーラーF-CONマイスターの
タカタテクノサービス店長がHKS様より招待を受け、
静岡県にある富士スピードウェイまで行ってきました。

前日には、HKS45周年のお祝いや表彰式、懇親会が開かれ
沢山のグレートチューナーが集まって意見を交換し合いました。

レース用エンジン開発を始め、
業界初のターボチャージャーキットの発売から始まったHKSの歴史、
その先を読む目とこだわりのモノづくりが
HKSが今も尚、華やかな舞台で輝き続ける事ができる理由のような気がします。

なんと!今度HKSの代表取締役がタカタテクノサービスに来るって?!
こんな田舎に?!すごい☆嬉しいですね。
きっと、世界のT社長と同じく、自分が動く事で人にPOWERを与えられる事が
わかっておられるからなのでしょうね。

FSWのおみやげ。

サブレうまし!
タカタサーキットサブレ造ろうかしら


電気自動車充電スタンド

日産から新しいリーフが出ましたね。
ノートe-POWERを購入したあたりから電気自動車に興味はありましたが
この新しいリーフでますます電気自動車は普及していくだろうと思いました。

そうなると気になってくるのが、充電の問題

近くの充電スポットってどこにあったっけ?
そう考えた時に、身近に造りたいと考えました。
それは自分たちの為だけでなく、お客さんにも充電してもらえるような施設の事です。

そこでまた勉強です。
設置するのにどのくらいかかるかな?
会員に入ったら定額の充電料金で使えるらしい、充電し放題だそうです。
ではその電気代はどこから出るの?もらえるの?

そんな事を調べているうちに
充電する能力が違うのに時間で料金が決まる不公平な事や
充電量が足りない場合に当分その場所を占拠する事になりかねないという
課題ばかりが目に入ってきて
それがクリアされた時に始めるべきか、今のうちに始めるべきか
ますます考えさせられるのでした。


路面

1月24日の朝です。

予想していたより降りませんでしたが、気温はマイナス6℃で
圧雪になっています。
すぐ溶けそうですね。


次のページへ |  1 | 2 |3| 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |ALL | 前のページへ 登録数(995)