次のページへ |  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |7| 8 | 9 | 10 |ALL | 前のページへ 登録数(995)

2トンダンプ探しています。

2トンダンプ車種年式問わず探しています。
売りたい方、下取りに出される方、
値段交渉の仲間に入れて下さい。

宜しくお願いします。


熱反射フロントガラス

先を行く人は、もう始めている。

熱反射フロントガラス コートテクト

フィルムを貼る方法とは違い、フロントガラスを交換するという選択です。

太陽の光を反射して輝きます。
紫外線(UV)99.9%カット

日陰では普通のガラスと変化ありません。
もちろん車内からの視界もクリアです。


70%以上の可視光透過率をクリアし、JIS規格はもちろん、欧州規格(Eマーク)、
米国規格(ASマーク)といった世界の自動車ガラス規格に合格しています。
もちろん車検も問題ありません。(2017年8月現在)

価格的にはスズキキャリィですと純正ガラス+10,000円程度です。
適合車種やお見積りが必要な方はメールフォームBST行きへお問い合わせください。


赤 二台目 トヨタ スポーツ800

ヨタハチやトヨハチとも呼ばれている
トヨタ スポーツ800

赤の方は同じ色へ塗装を希望される事が多いですかね~

完成間近です。

ご近所のヨタハチオーナーさんも気になって見学に来られました。
結構みなさん密かに持たれてますねぇ、羨ましい。
続いてのご入庫お待ちしております。


休みの日の粘土と花火

ねんど土が欲しいという方来店
タカタサーキットの駐車場に案内すると
色んな色の土?に大変感動されていました。
芸術家の方っぽい?
暑かったけど、楽しかった。

黄色と水色の走行会を少し見て
本番さながらの迫力の走りに驚き

偶然上がった花火に感激

DVD探しに行ったら売ってなかったSCで
気になるポスター発見。
今週末行ってみよう。

WRカーの個人オーナー展示場の記事をどう書こうか考え中です。


お盆休みのお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、下記の期間を休業とさせて頂きます。

休業期間

本社(板金塗装・車検部門): 有限会社ボデーショップタカタ
8月13日(日)から16日(水)まで

チューニング部門 : タカタテクノサービス
8月14日(月)から16日(水)まで

TSタカタサーキットは通常通り営業します。

休業期間中、お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、
何とぞご理解頂きますようお願い申し上げます。


グランドキャブ

スバルサンバー グランドキャブ
誰が呼んだか「ジャンボタニシ」

軽トラックで、運転席のシートがリクライニングするタイプを探していた所
この車種にヒットしました。D社もありますが、そこはスバルで。

このカラーはもう販売終了となっていて新車で注文する事ができません。

荷箱の塗装も依頼がありました。ミドリなら良いと言われていたのですが
新車が届く前に、カラーコードのままで塗装しておきました。
ばっちり色が合っていますね。

このグランドキャブタイプにだけ何故か
カップホルダーに収まるタイプの灰皿が付いてきます。

新車のご購入有難うございました☆


キーレスキー

またやってしまいました。
そう。
キーレスキーのお洗濯。


バッグを持つ習慣がないので、
キーは服のポケットに入れています。
そしてポケットの底の方にあるので出し忘れてそのまま洗濯機に・・

でも、
最近のキーレスキーは「ちょっと防水」になっています。
シリコン製品の技術が進んでいるのだと思います。

でも、お洗濯しないのが一番です。


じゃがいもの

家庭菜園でできたじゃがいもの実

トマトにそっくりなんですね!

これは小学6年生くらいで学ぶ知識のようですが
生った物を見て初めて知りましたよ!



八丁堀ベンチャーズ

カラオケ・会議・ライブなど多目的に利用できる
ログハウス

明日も貸切りイベントが開催されます。
(まだ入れるそうです)

先日はお車の定期点検の待ち時間にカラオケをご利用して頂きました。
色々な使い方ができますのでご相談ください。



ヒーリング

M川様の奥さまから頂いた、お気に入りのあじさい。
毎年少しずつ花の数が増えていてうれしいです。

豪雨により深くなった水たまりで涼むお犬
毎日暑いのに、よく耐えてくれているご褒美です。

そろそろプールを出しましょうかね?


タンクローリー制作

塗装部門と整備部門のコラボレーション

タンク車の制作から登録へ。

車探しから苦労しました。
第一条件のリヤがダブルタイヤになっている車輛がないのなんの。
そして地域柄4WD車という絶対条件でした。
東北の方にありやっと入荷したので、タンクの搭載の準備をしていくのですが
最初は書類集めから。
タンクメーカーのMK精工さんにお世話になっています。
わざわざお店まで来ていただいて、とても親切にして頂いています。

お客様のご依頼で荷台さび止めの意味も含めて塗装。


タンク容量と最大積載量の関係、軸重のバランスが重要で
適当な位置へポンと載せるわけにいきません。
寸法図、重量計算、タンクの構造、取り付け方法など
消防署と陸運局へ提出する書類に合格するように搭載しなければなりません。
書類作りと取り付け加工に奮闘する合間に車検整備も行います。
危険物の「危」のプレートや消火器の入手など全て完了すると
消防署→陸運局へ持ちこみとなります。

まだまだです。

しかしタイムリミットは近い!


次のページへ |  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |7| 8 | 9 | 10 |ALL | 前のページへ 登録数(995)